DVD flickで動画をDVDに書き込む方法をわかりやすく解説

DVD書き込み

フリーソフトのDVD flickを使って、結婚式動画や自作動画を、DVDに書き出す方法を解説します。

結婚式動画や個人の自作動画をDVDに書き込みする場合、フリー(無料)ソフトと有料ソフトで、出来に差はないため、フリーソフトで充分だと考えております。

また、結婚式動画は、メニュー画面(字幕設定や、チャプター選択をする画面)が不要です。
式場によっては、「メニュー画面は入れないこと」というルールがあるくらいです。

ですので、今回はメニュー画面なしの条件で解説します。

それでは解説します!

1.必要なソフトの準備

DVD FlickはWindows 7/8/8.1/10 に対応しております。

1-1.ダウンロード

DVD flickはオリジナルの英語と、有志により日本語化された日本語バージョンがあります。
日本語バージョンを推奨しますが、お好きな方をダウンロードしてください。
(解説画面は日本語バージョンを使用してますが、言語が変わるだけで、画面構造は一緒です)

・日本語バージョン

こちらよりダウンロード

・オリジナル

こちらよりダウンロード

1-2.インストール

ダウンロードしたファイル「dvdflick_setup.exe」を開きます

セットアップ画面が出ますので、同意するを選択して次へ進み続けると、インストールが完了します。

ダウンロードが完了すると、デスクトップに、DVD flickのショートカットカットアイコンができます。

1-3.DVDドライブとディスクの準備

こちらは必ずソフトを起動する前に行ってください。

DVDドライブに、空のDVDディスクを入れて準備します。

DVDドライブが外付けの場合は、PCと接続しておきます。

1-4.ソフトの起動

さっそくデスクトップのショートカットアイコンをクリックして、ソフトを起動させましょう。

Welcome画面が出た場合は、そのまま「閉じる」を押してください。

起動が終えるとこの画面になります。

2.書き込み用ファイルの作成

2-1.動画の読み込み

DVDに書き込みたいムービーを、ドラッグ&ドロップで、読み込みます。

今回メニュー画面を入れませんので、1回で書き込みできるのは、1つのムービーのみですのでご注意ください。

2-2.映像の設定

メニュー画面より、「プロジェクト設定」タブをクリックします。

プロジェクト設定画面が開きますので、左側の再生設定をクリックし、「最後まで再生したら、最初のタイトルからループ再生する」のチェックを外します。
チェックを外す理由は、式場ではムービー終了後暗転しますので、その際にループ再生されて冒頭のシーンが映りこんでしまわないようするためです。

プロジェクト設定画面の、左側の書込設定をクリックし、「ISOイメージを作成する」と「プロジェクトをディスクに書き込む」にチェックを入れてください。チェックができないときはこちら

チェックが入ったのを確認したら、右下の適用を押してください。

チェックできないとき
「プロジェクトをディスクに書き込む」がグレーアウトしてチェックできない場合があります。
その場合は、DVD flickを一度閉じて、もう一度起動からやりなおす必要があります。
その際、DVDドライブに空のDVDディスクを入れてしばらく待ってから、ソフトを起動してください。

2-3.エンコード

メニュー画面から「DVD作成」をクリックしてください。(エラーが出た場合は、こちらに対処法を記載してます)

映像のデータの変換と、DVD-Video形式へのファイル構築が自動で始まります。

この画面の「最終処理」まで完了したら、自動でImgBurnが起動され、DVD書き込みに移行します

クリック後に、このようなエラーが出た場合
“プロジェクト出力先フォルダ名に許可されない文字コードが含まれています。フォルダ名を正しく訂正するか新しいフォルダを選択してください。”
もしくは、
“Your project’s destination folder path contains non-standerd characters,like or a.Please use different path without any of such characters.”
【解決方法】
プロジェクト出力先フォルダのパスを英数字にすると解決されます。
例えば、C\user\XXX\desktop\新しいフォルダ となっていたら、
C\user\XXX\desktop\DVD_writing
などに変えると、うまくいくようになります。

3.DVDディスクへの書き込み

書き込み開始

自動で開始されますので、特に操作する必要はありません。進行状況が0%から進まない場合はこちら。

進行状況が100%になった後、左下の「synchronising cache」が100%になると書き込み処理が完了します。

完了すると、進行状況バーの書き込み画面が閉じますので、ドライブからDVDディスクを取り出します。

稀に進行状況が0%から進まない場合があります。 PCのメモリが足りてないとこの症状が発生しやすく、タスクマネージャーを起動(”Ctrl”+”Alt”+”Delete”を同時押し)して、一旦DVD flick以外のタスクを終了して実行してください。 これで解決しない場合は、外付けのDVDドライブの場合に発生しやすい問題で、PCとDVDドライブの互換性が悪い可能性があり、その場合は、DVDドライブを新調する必要がでてきます。

4.映像のチェック

自宅でも家庭用DVDプレイヤーがあれば、会場での映像チェックの前に、自宅でチェックしてみましょう。

チェックするポイント

・映像が途切れないか

・BGMが途切れないか

・字幕コメントは見えやすいか

・違う動画紛れ込んでないか
 →特に、日ごろからDVD flickを使用している方は、プロジェクト出力先を変更せずにやっていると、違う動画が紛れ込む可能性がありますので、出力先を常に変えるなどしましょう。

DVD書き込みの際に、記録層に埃や傷がついていると稀に映像が途切れなどが発生しますので、未使用のDVDは、極力ケースにしまっておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました